病院に連れて行くべき?愛犬が下痢したときの原因・対処法

の下痢と嘔吐が続く場合は感染症の可能性

犬の下痢で病気がわかる

犬も人間と同様に病気でなくても下痢をすることがあります。

 

よく牛乳を飲みすぎると下痢をしたりするのは犬も同じです。
特に成犬の場合は、牛乳の成分である乳糖を消化する酵素が不足しているためにおこるからです。

 

そのほかにも食べ物が合わなかった、一度に大量に食べ物を取りすぎたなどの場合には下痢します。

 

軽い下痢の症状には

犬が引き起こす軽い下痢の症状は、1日ぐらい絶食させるか、消化のよい、おかゆや、少量の下痢止め薬を飲ませることで、翌日には回復します。

 

犬の下痢の原因
  • 胃と腸の病気
  • 食物アレルギー
  • すい臓の病気
  • 肝臓の病気
  • 感染症
  • ジステンバー
  • バルボウィルス感染症
  • イヌ伝染性肝炎
  • レプトスピラ症
  • 内部寄生虫
  • 腹部の腫瘍
  • 中毒
  • 過食
  • 精神的ショック

 

感染症で下痢を引き起こしている場合

ウィルスや細菌に感染している場合のも下痢をします。
同時に発熱もする場合があります。
体温を測って、39.5℃前後よりも、高いようなら、感染症を引き起こしている可能性もあります。

 

下痢と嘔吐が一緒に見られる場合

風邪のような感染症でも、下痢は2日以上続いて、水のような便や黒褐色でドロっとしたタール便が出ることがあります。

 

このような下痢と一緒に嘔吐も見られる場合には、深刻な感染症の可能性があります。
食中毒やバルボウィルス感染症は腸全体がはげしい炎症を起こします。

  • サルモネラ菌による食中毒
  • バルボウィルス感染症
  • イヌ伝染性肝炎
  • コロナウィルス性腸炎

このような感染症にかかっている場合は、緊急の治療が必要です。
その他では、レプトスピラ症やジステンバーでも激しい下痢と嘔吐を引き起こします。

 

放置しておくと犬の生命も危ない

下痢が何日も続く、下痢と嘔吐を同時に見られるときは、
放置しておくと、犬の命にもかかわる場合があります。
なんとか家で治そうとせずに、獣医師の診断を受けましょう。

header-tel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA