犬のダニについて

マダニに寄生される場所

犬を吸血するマダニの寄生

春から初夏にかけて、木や草の多い場所に犬と一緒に散歩に行くのは気持ちがいいものです。

 

しかし、犬が草むらに首をつっこんだりしたときにはマダニに注意しなければなりません。

 

また、芝生などがあるところに住んでいる犬や、山に入る猟犬にも、よく見つかっています。マダニは春先ばかりでなく、冬でも寄生することがあります。

 

マダニが寄生した症状

犬の目のふちや耳の付け根や頬、肩、前足、ときには指の間などに小さい赤黒いダニが寄生することがあります。 マダニが犬の血を吸わないうちは犬の体表をすばやく動き回り、多いときでは数百匹ものマダニが寄生していることもあります。

 

マダニが犬を吸血してくると、小豆大から大豆大の光沢のある大きさになり、しっかりと皮膚に食い込むように付着します。 犬の指の間に寄生されると、痛いので犬は足を引きずったり、足を地面から持ち上げて歩いたりします。

 

マダニに寄生された場合の対処方法

マダニがまだ成長していないうちなら、引き抜いてしまえばいいことですが、犬の体に食いついているときは、無理に引き抜くと、ダニの頭部が皮膚に残ります。

 

また、マダニの頭部が取れるのではなく、犬の皮膚を傷つけてしまうことがあるのです。
傷口から何かに感染するのも怖いので、大きくなったマダニを無理やり引き離すのは止めましょう。

 

ある本で、マダニの駆除にアルコールを使うとよいというのを読んだので、犬に吸血して大きくなったマダニにやってみました。

 

アルコールに浸かったマダニは麻痺して犬の体に食い込んだ口が緩まるようで、すぐ取れました。

 

マダニの予防

大量のマダニに寄生される、繰り返し寄生される場合は、ダニ対策用の滴下剤やスプレー剤を塗布したり、ダニ対策の抗生物質を定期的に投与して、ダニの駆除や寄生の予防します。

 

マダニが媒介する危険な病気

地域によっては、マダニは病原菌を媒介する恐れがあります。

 

赤血球に寄生するバベシアや、人間に被害を与える伝染病、野兎病といわれるリンパ節が腫れて皮膚や器官などに潰瘍を起こす病気の病原菌を媒介するかもしれません。

 

そのため、吸血しておおきなったマダニを駆除するときは、決してつぶさないように注意しなければなりません。

header-tel

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA