犬の目ヤニや涙が止まらない

にとっても目は非常に重要

目ヤニが出る涙が止まらない犬の病気

しかし、犬の目は地面に近いところにあるので、砂埃やゴミが入りやすいのです。そのため、目が病気になったり、怪我をする可能性が高いのです。

 

愛犬の目ヤニが最近多い、涙がとまらない、目を痒がるなどは、日ごろから飼い主がよく犬を見ていればわかることで、病気なら重症になる前に診察を受けましょう。

 

目ヤニや涙が出る病気
  • 角膜炎
  • 結膜炎
  • 乾性角膜炎
  • 眼瞼内反症
  • 眼瞼外反症
  • チェリーアイ
  • 流涙症
  • まつげの乱生・逆さまつ毛
  • 感染症
  • 全身的疾患
  • 毛やゴミが目に入る

 

目ヤニが出る病気の症状

犬の目ヤニが出るのは、眼球の表面にある角膜が傷ついていたり、炎症を起こす角膜炎になっている場合です。または、マブタの内側の結膜に異常がある結膜炎などの場合があります。

 

また、毛が伸びるタイプの犬種やプードルなどでは、逆さまつ毛が多く、逆さまつ毛による何らかの感染症にかかっていても、目ヤニが出るようになります。

 

目ヤニが黄色っぽくドロっとしている

目ヤニが黒っぽく、乾燥して目のふちに付いているのは、あまり心配はありません。しかし、膿のように黄色くドロっとしている場合には病気の可能性があります。

 

目ヤニと同時に目が充血している

角膜炎や結膜炎、逆さまつ毛、アレルギー性症状などは、目ヤニのほかに、目が赤く充血したりします。また、目が痒いので、前足でしきりにこすったりします。

 

涙が止まらない病気の原因

涙が止まらない病気として、涙小官がつまる流涙症が考えられます。涙小官とは目の表面を流れた涙を鼻腔へと流しだす器官です。

 

また、チェリーアイといって、目の瞬膜が膨らんで、目の内側に露出してくる病気の可能性もあります。

 

そのほかの病気の可能性もありますし、もしかすると、全身的な病気の表れの可能性もあります。

 

犬の目の病気は自己流は危険

他にも、眼球の表面や内部が白っぽい、目が腫れている、眼球が傷ついて出血しているなど、犬はさまざまな病気や怪我があります。

 

犬の目はとても大事な器官なので、飼い主が自己流で診断したり治療したりすることは危険です。また、人間用の目薬も使うべきではありません。問題が起きたら獣医師に相談しましょう。

header-tel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA